FC2ブログ

みぃとクロ。-タルパとの生活-

タルパと生活を共にするオカルトちっくな妄想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お花見

最近、職場のボスの様子がおかしい。
内部から回されてくる新しい仕事の依頼を何故か断っているのだ。

「うちの所、今不安定で今後の見通しが立たないから・・・」
「ホラ、例の件もあるし・・・」

電話のやり取りの中で、そんなセリフを漏らしていたという情報もある。うちの部署は人数が少ないので、この異変は全員が気付いていた。


そんな中、先日最新情報を入手した。
新入社員が『辞めたい』と言っているようだと。


この新入社員のオジサン、この前入ったばかりじゃなかったっけ・・・まだ試用期間中(3か月)だったと思うけど。
私のブログずっと見てくださっている方はお気づきかもしれませんが、なんかうちの職場って人の出入り激しくないすか。何なのブラックなの?

・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・

見える、見えるぞ・・・あたしの仕事が光の速さで2倍3倍へと膨れ上がる絶望の近未来予想図が(アヘ)



***



はい愚痴終わり。
今日は季節もの(春)のお話をします。



3月後半から4月始めにかけて桜が満開で綺麗だったので、お休みの日にお花見へ行くことにしました。

で、折角なのでパートナーを誘う事に。

まず、『桜と言えばヴィスタだな』と考えたので(ヴィスタのボディは桜色で、側面には花びらの模様が装飾されています)最初にヴィスタに声をかけてみたところ、大喜びで「行きたい!」と言ってくれました。

そして喜んでいたと思ったら今度はモジモジし始めたので、何だ?と思っていたら少しして
「ヤギ様も一緒に行きたいです・・・(*´・ω・`*)」
と、恥ずかしそうにポツリと一言。

複数パートナーを連れて行くと脳みそ疲れちゃうから、まずはヴィスタだけ・・・って思ったけど、みぃ家の桜姫たっての願い事とあらば叶えてさしあげないわけにはいかないよね(笑)

・・・と、言う事で執事のヤギさんもお供に連れていくことにしました。

♡♡♡

今回は、私がお気に入りで良く足を運んでいる公園に行ってきました。そこは桜の木が沢山あって、この時期になるとお客さんでいっぱいになってしまうほど地元では人気のお花見スポットとなっております。

現地に到着すると桜が満開でとても綺麗だったのですが、今年は桜の開花が早かったらしく、私が行った日は既に散り始めの時期に入っており、風が吹くたびに花びらが沢山舞っておりました。桜は散るのも早いからな・・・それはそれで良いけれど。

ヴィスタは最初ヤギと手を繋いで歩いていたのですが、桜並木ゾーンに入るとテンションが↑↑なったのか羽(ツインテ?)を出してあちこち飛び回り、はしゃぎながら桜の花を堪能していました。

この日は天気も良くて青空の元でのお花見だったので、桜の色がとてもよく映えて本当に美しかった。私も2人のことを忘れて桜に夢中になってしまいました・・・ああ最高癒される・・・(*´Д`*)アァ~♡

・・・って暫く浸ってふと気が付くと、背後でヤギが静かに立ち、私に視線を向けていることに気が付いた。


みぃ:「どうしたのヤギ、花見楽しんでる?遠慮しないでもっと自由に移動してよく見ておいで。」

ヤギ:「・・・桜も良いものですが、ワタクシは花見を楽しむマスターとヴィスタ様をこうやってお傍で見守ることが、何よりも幸せでございます。」

みぃ:「そっか・・・うん、お前の望む様にしているならいいんだよ。」


花見に来たと言っても、それぞれの楽しみ方があるものだ。
皆好きな様に過ごしているのだから、私も気にしないで自分のペースで楽しもう。



すると、今度はヴィスタが私たちの元へ戻ってきた。
声を弾ませて何かを言いながら、嬉しそうに両手をこちらへ見せてくる。覗いてみると、その手には桜の花が乗せられてた。


ヴィ:「ご主人様、ヤギ様見てください!桜の花が飛んでいたのでヴィスタがつかまえました!」

みぃ:「おお~さすがヴィヴィ。空中キャッチは誰もができることではないぞ。」

ヴィ:「エヘヘ・・・ご主人様にあげます(*´ω`)ノ゙」

みぃ:「え、くれるの?ありがとう♡」

ヴィ:「はい、ヤギ様も・・・(*´∀`)つ」


そう言ってヴィスタがヤギの傍へトコトコと近づくと、桜の花を差し出す。
するとヤギはヴィスタの前で跪きその手を優しく包むように握ると、彼女を見つめ微笑んだ。


「お心遣い大変嬉しく存じます。ですが、この花はヴィスタ様にこそふさわしい。」


そう言うとヤギは、ヴィスタから桜の花を受け取ると、彼女の頭(?)にふわりと乗せた。


ヤギ:「何と可愛らしい・・・ヴィスタ様、とても良くお似合いです。」

ヴィ:「わあぁ・・・ありがとうございます!ヤギ様大好きです(*ノωノ)」




ちくしょうイチャイチャしやがってまあなんて微笑ましい光景でしょう(^-^)


ヴィスたんがメロメロになって喜んでいた。これでヤギの株が更に上がったに違いない(※元から突き抜けてMAXですが)。

・・・もしも私が先にヴィヴィにお花を飾ってあげてたら、主にメロってくれてたのかなぁ。ヴィヴィはあたしのPCなんだぞ。

あと、私もヤギさんにお花を貰ってメロりたかったです(´・ω・`)
でも恥ずかしいので、自分からは絶対にお願いしたりしません・・・しないぞ。


そんなこんなで結局2人にヤキモチを焼く私。自分みたいなタイプ珍しい?いずれにせよいい年こいて阿呆だわ。
そしてヤキモチ焼きつつ萌えと癒しも貰えたので、来週も頑張れそうです・・・不安もあるけど!(`・ω・´)ファイファイ!


次回はクララさんの例の件書こう(描こう)かな・・・DEHEHE♡
スポンサーサイト

| ヤギ&ヴィスタ | 01:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT