fc2ブログ

みぃとクロ。-タルパとの生活-

タルパと生活を共にするオカルトちっくな妄想日記。

2020年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2021年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大吉

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

【今年の抱負】
①受験資格の取得を目指し、引き続き通信学校を頑張る
②今の職場に慣れる
③パートナー達の為に画力向上を目指す。特に小物や背景、全身、カラーは苦手とするところなので頑張りたい。複数人の絵も描きたい。時間が無くて上半身しか描けない時でも、手とか服とか、苦手なところをできるだけ描くように心がける

こんなもんかしら。③だけ目標満載なんだけどwパートナー達の為なので欲張っていきます。
まあ、無理なくやっていきます。


コロナの事もあって、今年の正月は自宅でのんびりと言った感じ。外食とか、初売りも行ってみたいけど、密は避けたいし。去年は他県へお泊り遊びに行ったりしてたんだけどな・・・1年で世界がこんなに変わるなんて思いもしなかったよ。皆大丈夫かな。

そんなわけで、今年は正月らしいイベントがあまりないので、今日は思い出&記録に残っている過去の正月出来事を描いていこうと思います。


***
***


いつだったか記録抜けてて忘れたけど、その年の正月はクロと初詣に行くことになった。
当日の天気は良かった(と思う)が、寒さが大の苦手な私にとって、この極寒の時期の外出には毎度気合を入れなければならない。服ももちろんだけど、タイツは必需品&靴下だって2枚は当たり前。何なら、ホッカイロ全身に張り付けて行きたい気分だ(かなり怪しい人)。
冬用の重装備を完了させクロを家で待ってたら、着物姿の彼が現れた。現実の世界では洋服で過ごすことが多い彼であるが、珍しい。お正月だからだろうか。


みぃ:「あら、今日は着物で来たの」

クロ:「うん、神社にお参りに行くんだろ。着物の方が良いかなって。」

みぃ:「そっか、着物の方が雰囲気あっていいしね」

そう言いながら私は、彼の見慣れた着物を見渡す。と、そこで私は、彼の足元が裸足に下駄姿であることに気が付いた。


みぃ:「ちょっとクロ、生足じゃないの」

クロ:「うん、そうだよ」

みぃ:「いやいや、これから外出するんだから、寒いでしょーってか、その着物も薄くない?」


私はそう言いながら、彼の着物に触れる。私の脳が受け取った触感だと、着物の質感は薄手だ。この氷河期に何と呑気な・・・信じられん、バカなんだろうか(酷)。
胸元も無防備にはだけてるし(それは好き)・・・でも、あれ?いつもこんな感じだったっけ。続いて私はクロの胸元に遠慮なく手を突っ込み身体をまさぐり始めた。

明らかにあやしい行為なのだが、クロとは日頃からじゃれ合っているので(性的な事ではない)、彼がこの位で動じることは無い。ただ、私の突然の行動が理解できずキョトンとした表情で私を見つめていた。


クロ:「ねえみぃ。何してるの?」

みぃ:「身体検査だよ。アナタ着物以外何も着ていないじゃない。こんな薄着で大丈夫なの?身体は冷えてないようだけど」

クロ:「ボクいつもこの位だよ。」

みぃ:「そうだった・・と、思うけど。まあ寒くないならいいけど、上着とかもう一枚持っていけば?」

クロ:「大丈夫だよ、ボクは猫だから。」

みぃ:「猫だって寒いときは寒いでしょ。君ん家だって火鉢とかコタツとか、あったかグッズあるじゃん」

クロ:「獣族の毛皮は良くできているんだよ。特に、猫のは上等さ」

みぃ:「そ、そうか(上等な猫毛ってなんだ)。」


クロは、毛に関して独特のこだわりがある。
猫の毛は寒さに強く優れていると言う事をアピールしたいのか知らないが、とにかく今日は「寒い」と言いたくないらしい。しかし、今は人間の姿なんだから毛は無いでしょ・・・とか思ったが、余計な事突っ込んだらまたニャーニャー返されそうだからやめておこう。

その代わり「いいなぁ、猫は寒さに強くて羨ましい」と言いながら二本のしっぽをモフったら、満足そうに腕を組みながらウンウンと頷いていた。年明け早々褒めて欲しかったのかもしれない。
いずれにせよ本人が大丈夫と言うのだから大丈夫なんだろう。そもそもこいつは妖怪だった。





車で出発し、30分くらいして目的の神社に到着。
ここの神社は階段が半端なく多いのだけど、これを上るのがまた大変なんだ。

駐車場が上にもあって、そこまで車で上ってしまえば楽なんだけど、クロが階段で行きたいとか言い出した。私が嫌だとごねたら「階段を上った方がご利益が増すよ。頑張った人を神様が見ているんだよ」とか、本当かどうかわからない説得を受ける。
まーた適当言ってるんだろう・・・が、聞いてしまった以上やらねばご利益が半減するような気分になるのだから、人間(私)の心理って単純だ。しゃーないのでしぶしぶ承諾。

いざ、出発。何段あるのかわからない急な階段をげんなりしながら登る私の横で、クロはニコニコしながら軽やかな足取りで登っていた。階段が好きなんですかね。
暫くしてようやく登りきった。疲れたけど、クロは私の足取りに合わせてゆっくり登ってくれていたので、まあ、いいや。


無事お参りを済ませた後、辺りを見渡すとおみくじコーナーを見つけた。
おみくじは色んな種類があって、ベーシックな物から「恋みくじ」なんて、限定されたものや、縁起物のキーホルダーが入っているおまけつきのおみくじ等がある。

私はベーシックおみくじを毎年やる派であるが、このおみくじが、私にとっては若干クセモノなのだ。


みぃ:「私、お正月におみくじ毎回やるんだけどさ、このやる前ってのがすごく緊張するのよね」

クロ:「そうなんだ。どうして?」

みぃ:「いや、だって、悪いくじ引いちゃったら嫌じゃない。新年早々『今年の運勢サイアクだ~』とか、そんな気分味わいたくないじゃん」

クロ:「ふーん。なら、やめなよ」

みぃ:「いや、でも、それはそれで気分が落ち着かないと言うか・・・年に1回って決めてるお楽しみでもあるしさ。」


このように、私はおみくじ好きなのだが結果が気になってしまい、悪い結果が出ると暫く引きずってしまうのでやるのも怖いと言う、面倒な性格なのだ。

そんなこと気にせず楽しんでやればいいものを。と、自分でも思う。
占いとかならあまり気にしないんだけど、やはり『神社』という、神聖な場所での占いとなると緊張するのだろうか・・・我ながら面倒な女だ(二度目)。まあ、結局やるんだけど。


すると、クロが私の顔を覗き込みながら自分の手を軽く挙げて見せた。


クロ:「じゃ、ボクが先に引くよ」

みぃ:「え?」


クロがおみくじを引くと言った事と、彼が私の世界でおみくじができるのかという疑問とで私は思わず声が出る。


みぃ:「クロ、おみくじやったことあったっけ?」

クロ:「あるよ。(ダイブ界の)近所に神社があるから」

みぃ:「ああ、そうか。」

クロ:「じゃあ、やるね」

みぃ:「・・・(できるのか?)」


様子を見守る中、クロが硬貨を数枚(彼の世界のもの)入れてからおみくじの箱に手を入れる。
目を閉じて考え事をするように、うーん、と何かを狙っているようにガサゴソと手を動かしていたが、暫くして引き抜くと、彼の手には紙が掴まれていた。もちろん、現実世界の紙ではないが。


みぃ:「おお、すごい。引けたじゃん@@」

クロ:「さて、何かな・・・・・大吉だ!」

みぃ:「え、いや、まじか・・・見せてみ?」


そんなあっさりと大吉を出すとは・・・私はクロが持っているおみくじの紙を見せてもらう。
紙の上部には、確かに「大吉」と書いてある・・・が、その周囲に書かれている文字は古代文字だか異国文字だか分からない、読めない文字?とか記号?がびっしりと、沢山書かれている。
何だこれは、大吉の文字以外全く読めない・・・異世界おみくじかな(適当)。


みぃ:「クロ、大吉の文字以外一つも読めないんだが・・・」

クロ:「いい事が沢山書かれているよ。大吉なんだから、良いじゃない。」

みぃ:「まあ確かにそーね。『大吉』ってワードが大事だもん。いいな~クロは大吉とれて。」

クロ:「うん。ああ、良かった!じゃ、次みぃが引いてごらんよ。」

みぃ:「ええ・・・クロが大吉引いた後じゃ気が滅入るな。私無理じゃん?(汗)」

クロ:「大丈夫だから、引きなよ」

みぃ:「お前、自分が大吉引けたからって強気になってるだろ。これで私が悪いの引いたらどうしてくれるんだ」

クロ:「その時はこの大吉をあげるから、大丈夫だよ。」

みぃ:「は?」

クロ:「だから心配しないで。ホラ、引いて」


そう。
クロは、自分が先におみくじを引いて大吉が出たら、私のおみくじの結果が悪かった時にそのおみくじを渡そうと考えたらしい。
大吉が出た時に喜びと共に安堵の表情が見られたが、それは、そういう事だったのね。

r30102ab.jpg
大吉が出てホッとしてるクロさん


みぃ:「そんなの駄目だよ、クロが引いたものだし、ずるいじゃん」

クロ:「ずるくないよ、ボクが良いって言うんだから。それにこれはみぃの為に引いたんだ」

みぃ:「いやでも、その・・・ありがとねクロ(笑)」


クロさんの優しさに癒され、私は自然と笑みがこぼれた。
彼の気持ちが嬉しかったので、手を伸ばして彼の頭と猫耳を撫でたら、ニコニコしながら頭を傾けてくれた。ああ、やっぱりアナタは可愛いね。

こういったやり取りを経て、おかげさまで平常心でおみくじを引き、その結果中吉(小吉だったかも)だった。まあまあの結果だけど、十分満足だ。もちろん、クロには自分のおみくじをそのまま持ってもらう事にした。
そもそも、今までだってクロが一緒にいてくれたおかげで人生大吉だったんだから、クロが居ればおみくじ要らないわね(笑)


***


今年はコロナでできなかった事が色々あったけど、来年は楽しく行けるかな?
私も、皆様も、良い年になりますように。



*************
*************
〇匿名さん
すいません、お正月なのでちょっとだけ。
こんにちは&あけましておめでとうございます!
いつも楽しくてお優しい言葉ありがとうございます(*´▽`*)
今年もよろしくお願いいたします!お互い良い年になりますように(∩´∀`)∩

| @クロ | 15:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |