fc2ブログ

みぃとクロ。-タルパとの生活-

タルパと生活を共にするオカルトちっくな妄想日記。

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

クロと休日。

6月も終わりじゃん。
やっぱり記事が思ったようには書けない・・・だがお絵かきは辞めねぇぞ。

h290625a.jpg
題名:早く一緒に遊びたいが主の仕事が終わるまで我慢して待っているクロ。

ここ1カ月程、仕事がある日は一人で過ごし、週末(休日)はクロかヤギをこちらに呼ぶといった生活をしているみぃです。
この日の休日はクロを呼びましたが持ち帰りの仕事があった為、直ぐに遊ぶことはできず少し待ってもらいました。

クロは私の言う事をちゃんと聞いてくれる良い子です。今回も仕事が終わるまで待って欲しいと伝えたら、後ろの壁の隅っこに座り込んで静かに待ってくれてました。

でも、確かに待ってくれているんだけど・・・背後から迫りくる「早く遊びたいオーラ」が凄い。
彼は元々素直なお方で嘘がつけず顔に出るタイプです(ボーッとして何考えているのかわからない時もありますが)。今回も例外ではなく、時折彼の方を意識すると「お仕事早く終わらないかなぁ」って、しょんぼりな顔が良く見えました。
それに今は週末くらいしか会えないから、少しでも多く主と関わりたいって思いが尚更大きいのでしょうね(勿論、私もそうですが)。

で、そんな素直な彼がとても可愛かったので絵に描いてみました(*´艸`*)ウフフ
そしてお仕事が終わった後、パアっと花開いたような明るい表情になって飛びついてくるクロちゃんもまた可愛いです。元気な姿の彼も沢山描きたいな。

この日は家でゴロゴロして過ごしたけど、私はクロと一緒に出掛けたいところがあります。
美術館とか・・・焼き物や水墨画(書道)を一緒に見に行きたい。どちらも彼の趣味としている分野なので、反応が気になるところです。
余裕ができたら連れて行くかな。


・・・もうね、とりあえず早く夏終わって欲しい(夏って言うか、職場の夏祭り)。

| @クロ | 22:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤギと梅酒

6月ももう後半ですね。
今週は良い事あった。お祭りの分担作業を先輩が手伝ってくれたから、他の仕事が楽にできた。
余程死にそうな顔でもしていたのかしら・・・まあいいや、こうやって記事も更新できたしね💛
おかげさまで来週も頑張れそうです。ファイファイ!

*

今日の話をする前に説明しなければいけないのですが、現在私の元には固定のパートナーを置いておりません。私に余裕がある時に自分からパートナー達の所へ会いに行くか、またはこちらに来てもらって過ごします。

5月末頃、仕事もタルパもプライベートもいっぱいいっぱいになってお手上げになってしまった私は、暫く1人にしてほしいとクロとヤギの2人にお願いしたのですが、その時ヤギから「決して迷惑を掛けないので、傍に居させて欲しい」と言われました。
4月頃の家出をしていたと主が勘違いしていた時の様に、存在を消しているから・・・との事だったのですが、それではクロと不公平になってしまうし、そう言われた時点でいる事が分かるし気にしてしまうので、その事をきちんと伝えてクロの領域にある仮屋に戻ってもらったと言う経過があります。

また、会いに行く相手はランダムですが(とは言え今はクララが一番多い)、コチラに呼ぶのはクロかヤギとなっています。
暫く仕事に集中させてもらう事にしたとは言え、その間ダイブ界でずっと待機させているというのも申し訳ないし・・・休日等、自分に余裕がある日はできるだけこちらに呼ぶようにしているのです。

*

では改めて今日の話。

今週の休日は、梅酒を作る為に梅の実を収穫しました。
実家に梅の木があるのですが今年は実りがあまり良くないので、梅酒ができる程採れないと思ったのですが、梅の実を確認したところ大きくて立派だったのでとりあえず集めてみる事に。
ちなみにこの日はヤギが一緒です。

早速梅の実を取るべく梯子を用意し上ります。梅の実は傷ついていない物が欲しいので、棒で叩いて落としたりせず直接手(あとは高枝切りバサミとか)で取るのですが、日頃梯子なんて上らない私にはこれがまた怖い。でも美味しい梅酒が飲みたいので頑張らないとね。
そう思いながら実を取っていたら、ヤギが隣に来て上方に向かって指を差した。


ヤギ:「マスター、今おとりになった場所付近にまだ梅の実がごさいマス」

みぃ:「え?全部取ったよ、無いって。」

ヤギ:「良く御覧ください。そのもう少し上・・・」

みぃ:「そうかぁ?・・・あ、本当だ。数少ないから助かるよ~ありがと!」

ヤギ:「イエ。」

みぃ:「すごいね、なんでわかったの?実はヤギにも見えるの?なんちって。」

ヤギ:「見えます。貴方の目を通してナラバ。」

みぃ:「う~ん大体はそうだと思っているけどさ、でも私今のは本当に見てないし、なんかすごくない?って思ったの」

ヤギ:「イイエ貴女は見ております。だから、私にも見えるのです。」

みぃ:「・・・見てないって。実際お前に言われるまで気づかなかったじゃん」

ヤギ:「ですが、確かに見ておりマス。」

みぃ:「だから、見てないっての!」

ヤギ:「見てる。」

みぃ:「あ~ハイハイ分かったよお前の中ではそうなんだろ?(つまんねぇの!)」


真顔で冷静に言われてしまった。面白みの無い執事だ。
こういう時は「実はワタクシにも見えているのですよウフフ💛」とか少しはノってくれれば良いのに。そしたら主も大喜び&大満足するんだからさ。

こういった体験は他ルパ―さんにもあるかと思います。
私もチラホラあって、その都度「新たな力が私のパートナーにも宿ったのか!」とか「タルパを超えた別の凄い存在に超進化?!」・・・なんて期待しちゃうのですが、うちのパートナーズはそういう事に対してあまり興味を示さず(別にタルパでもナフラでも何でもいいじゃんみたいな)、反応が薄いです。
中でもヤギは、こういう時私の期待をバッサリ切り捨ててことごとく現実に引き戻してくれるのよね。・・・過度に期待するな、のめり込むなって事かなぁ・・・分からないけど。

まあそうだとしても私の期待を蹴り飛ばされてムカついたので、仕返しにヤギに無理言って困らせる事にしました(酷)


みぃ:「おいヤギ。ボーっと見てないで何か手伝って。」

ヤギ:「手伝う・・・では梅の実を一緒にお探ししまショウ。」

みぃ:「それはもういいよ(ムカついたし)。声掛けとかも要らないから。他に何かやって。」

ヤギ:「他に・・・何か・・・・・」


ヤギがそう呟き眉をひそめると、手を顎に軽く当てて黙り込んだ。

実体の無い彼らが現実世界で出来る事は限られている。今回の場合だと、さっきみたいに梅の実を一緒に探すか、応援するくらいしかできないだろう。その位分かっているし、本当に何か手伝ってほしいわけじゃない。
いつも涼しげにおすまししている彼の上等なおフェイスを、たまには主の事で歪ませてみたいと言う・・・ただそれだけの為の自分勝手な口実だ。

ホラほら、ヤギが困ってる・・・そういう顔も可愛いね。
どう返すの?それともダンマリのお手上げかしら?・・・フフフ。



いぢめも程々にしないと本当に傷つけてしまうので、頃合いを見て許してやろうと思っていたら、ヤギが何か思いついたのか、顔を上げると私の方へ向き直った。


ヤギ:「・・・ではワタクシ、マスターのお身体を支える事に致します。」

みぃ:「ほ・・・支える?」

ヤギ:「梯子に上っての慣れない作業は不安定で、さぞかしご不安でショウ。」

みぃ:「うん、まあね。」

ヤギ:「ですから。ワタクシがマスターをお支えする事で、そのお気持ちが少しでも楽になれば、と。」

みぃ:「な、なるほど・・・」


面白い事言いだした。
私には彼らの触覚がある。支えると言っても実際支えるわけでは無いのだが、「支えられている」と言う感覚はあるから、それで安心できるのでは・・・という事なんだろう。

イジワルしていた事なんていつの間にかすっぽ抜け、ヤギの提案に感心した私は早速やってもらう事にした。



h290618b.jpg

h290618c.jpg

h290618a.jpg


スイマセン割とマジで邪魔なんで、やっぱり応援だけで結構です(滝汗)


ヤギの熱い視線が気になって梅採りに集中できないんじゃよ。。。



その後気を取り直して梅採りを再開しました。
実りが悪いからあんまり採れないと心配していたんだけど、思ったよりはまあまあ採れました。

ume0.jpg
この日の収穫!

頑張って採ったよ・・・!
でも、梅の木2本で3~4㎏。す、少ない・・・・・

ume1.jpg

そして梅酒完成!!
私は甘いのが好きなので、氷砂糖は多めに入れます。


飲めるのは9月頃。とても楽しみです、早く飲みたい。
梅酒の完成記事も載せようかな。

ヤギに、「出来たら一緒に飲んでくれる?」と聞いてみたら、「喜んで」と答えてくれた。
彼がワインを飲む姿は見るけど、梅酒はどうかな・・・?口に合うと良いね。


他の皆にもふるまってあげよう♪
ところでヴィヴィは見た目お子様だけど、人外だしあげてもいいのかな・・・。


今週はのんびり楽しい休日でした。明日からまた頑張る。

| @ヤギ | 20:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お姫様抱っこしてみた

休日出勤してきてかつ気合で記事更新できた私を褒めておくれよ(唐突)。

ウソ嘘、大丈夫。この後パートナー達の所巡回して大暴れヒャッハー!して満たされてくるから。
・・・ワガママ暴走主を許してね。最近のみぃはグダグダよ(´・ω・`)クロウカケルネ


今日のお絵かき

h290611a.jpg

題名;いつもお世話になっているクララさんをお姫様抱っこしてみたの図。

短時間でもそれなりに見える絵の描き方を模索中。今日の描き方(塗り方)は比較的早くできたかもしれない。
髪の毛サボればもっと早くなるかも・・・でも楽に描く事ばかり考えていたら絵の個性が無くなるか。それも嫌よね。


最近の私はクララに甘えっぱなしです。
クロとヤギには、目に見える程十分我慢してもらっているのでこれ以上甘えられないし、ヴィスタはお子様だし、エリザは・・・実は甘えられることは多いけど甘えたことがあまり無いのでやり難い。
そうなると必然的にクララ甘え率がぐんと上がってしまうのです。

「甘える」と言えば聞こえは良いかもしれませんが、私の甘え方はちょっと変わっている(普通の時もあるけど)のでクララにあまり負担を掛けたくないとも思います。でも、前よりずっとマシになったから、そこまで負担じゃないかなとも思うけど・・・いや、やっぱりちょっと不安(汗)

そんなクララの所へ遊びに行きイチャイチャしていたある日。
私が「ベッドで寝転んで遊ぼう」と言ったらクララが私を抱きかかえてベッドまで連れて行こうとしました。ダイブ界でクララに抱き上げてもらうのは珍しいことではないのですが、ここ最近頻繁に抱っこしてもらってるし、甘えてばかりもな~と思い立ち、今日は私がクララを抱っこしてみる事にしたのです。


クララ:「マスターが私を?そんな、大丈夫です私・・・」

みぃ:「いいじゃんたまには抱っこさせてよ~ホラほら!」

クララ:「で、でも・・・あっ・・・」

みぃ:「いくよ~!せーのっ」

クララ:「・・・・・(オロオロ)」

みぃ:「・・・・・(う、やっぱりちょっと厳しいかも・・・?)」

クララ:「マスター無理しないでください。私、重いから・・・」

みぃ:「無理してない!全然これっぽっちも重くないし!てか超軽いよ!!」

クララ:「・・・ご、ごめんなさい・・・」

みぃ:「・・・・・・(マズイ謝られた不安にさせてるどうしようどうしよう。。。)


クララは私と身長はほぼ同じだけど華奢だ(おっぱ以外は)。従って切ないが、体重は私の方が重い・・・それなのに彼女は私をいつも軽々と持ち上げてしまう。
クララは、他の皆もそうだけど、人外だから力も体力も人間よりずっと優れているんだろう。そう思えば私がクララと違って抱っこに手こずるのは仕方ないことかもしれない。

だがしかし、こんな事でクララに心配させたくない(ガッカリさせたくない)し、どうせなら「マスターステキ!」・・・って思ってもらいたい(`・ω・´)

こういう力使う系の時はホント「自分が男だったらもっと軽々とできるのに!」とか、思う。
だって私の兄さんは身長180cmあるし、だから私が男だったら絶対高身長のイケメンだったに違いないもんな!(※※イケメンは言い過ぎです※※)
あーもーすげーぐやじい~クララごめんOTL


そんな風に思っていたら、その後急に普通に持てるようになった。それ程重くない・・・なぜだ、この短時間で慣れたのか?
よくわからないけどちゃんと抱っこできて嬉しかったので、クララに ( ー̀ωー́ )ドヤァ・・・と余裕アピールしたら彼女もホッとして笑ってくれた。よかったデヘヘ💛

まあ、慣れたと言うか・・・先入観より願望が勝ったって感じでしょうか。ダイブ界だし。リアルだったら、例え細身でも同じ身長の女の子を抱きかかえるなんて流石に大変だもんね。


ところで強い願望でクララを抱き上げる事ができるようになったという事は、エリザは勿論クロとかヤギだってお姫様抱っこできるんじゃねーのって思ったの。

・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・


い、いや、流石にそれはやめておこう・・・いくら何でもみぃさんたくましく成り過ぎ(汗)

| @クララ | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6月からの変更点

6月入った。
時の流れが速すぎてついていけない(前も似たようなこと言ってた気が)。

突然ですが仕事の愚痴を言わせていただきます。

この時期に・・・5月いっぱいで職員が2人も退職しました。
1人は元々辞めると聞いておりましたが、もう1人は突然で一部の人しか知らず、下っ端達は私も含めて皆 (゚Д゚)ハァ?って感じでした。
その方は親の介護をしなくてはならなくなったそうで・・・家庭の事情なら仕方ないね。

そして6月から育児休暇明けの女性が1人戻って来ました。良かった・・・この人の仕事復帰に合わせて退職時期を調整したのかしら。
小さい子がいて大変だろうけど、早く仕事に慣れていただかないとな。頑張ってくださいマジで応援してます。
あと、パートの人が近日来るらしい。それでどうにかやっていこうって事ね。

とは言え一気に2人退職は大打撃です。しかも内一人はベテランだったからなぁ。明るくて気持ちの良い人だったし、辞めないでほしかったな(´・ω・`)ガッカリ。

ちなみにこの辞めた2人はうちの部署ではないのですが、2人同時抜けは厳しいという事で、うちの部署からも可能な範囲でヘルプに入ることになりました。
ヘルプと言ったって業務内容が異なるので、車の運転とか書類整理とか、簡単な雑務になりそうですが。

皆大変なことは分かってるし、こういう時こそ協力して助け合いは大事だと言うことも重々承知しておりますが、ぶっちゃけヘルプしている余裕なんて今の私にはありません。
通常業務も勿論だけど、今は7月のお祭りをどうにかしないといけないものなぁ。

私は元々お祭り事は好きじゃないし、だから役員なんてやりたくないし・・・でも選任された以上責任はあるので・・・あーあ。



そんな事もあって今後どうしようか考えていて、ここ数日はパートナー達にも相談したりしていました。
結果。お祭りが終わるまでの間、記事の掲載を少々控える事にしました。

とは言え、停止じゃないですよ、絵はできるだけ描いていきたいと思っています。てか、絵だけでも上げていきたいなぁ。早く皆を上手く描ける様になりたいから。
本当の本当は記録もちゃんとしていきたい・・・でも今回は無理しないよ。パートナー達にもそう言われたし。仕事優先で行こう(すっげー嫌だけど!!)


まあ、ゆるゆる行きます。ゆるくていいよって言ってくれる優しいアナタ、どうもありがとうございます、今後もどうかお付き合い願いますm__m


***


さて、今度はパートナーの話をします。
クロとヤギの事ですが、こっちも大変なんだ・・・。
前回2人と上手く生活していける様に色々試してるって話しました。でも、今は上記に述べたように仕事が大変になってしまったので、2人に説明してちょっとお休み貰ってます。

色々しんどくなっちゃったので私の状況と気持ちを伝えたら、2人共すぐ応じてくれました。今は私に気を使ってくれているのか、2人共大人しく、顔を合わせても私の前では全然ケンカしません。仲良くもしてくれないけど・・・でも、十分です。ありがとう、助かります。

クロちゃんもヤギさんも優しくて頼りになるなぁ。顔もハートもイケメンなんて最高!惚れ直しちゃう結婚して💛・・・って、これノロケか。スイマセンね疲れているので許して(;´・ω・)。

*

じゃー、続いて今日のお絵かき。


h290604aa.jpg

題:主宅で久しぶりにお風呂に入れる事が嬉しくて仕方ないクロの図。

かつてこんなに爽やかにお風呂に誘ってくれるイケメンがいただろうかいやいない(反語)。
これから成人男女が一糸まとわぬ姿で入浴すると言うのに、彼のその純粋な笑顔の中にはやましさなど欠片も存在しないのです。私にはありますけど(何)

クロがコッチに来てうちのお風呂に一緒に入ったのですが、久しぶりで嬉しかったのかすごくはしゃいでて、それがあまりに無邪気で微笑ましく、そんな可愛いクロちゃんを描きたいなと思ってまして・・・でも裸はまずかったかしら。メンズだからいいよね(*´Д`)ハァハァ

前回描いたクロよりガッチリしていますが、こっちの絵の方が今のクロに近いです。前回の彼は初期の姿かな。獣人化するようになってから体格が変わったので(身長も伸びたと思う)。ブレないで描けるようになりたいです。

私はクロと長いこと一緒にお風呂に入っていますが、いつもこんな感じで楽しく入ってくれるので、私もクロとのお風呂は大好きです。お互い肌も隠さないし完全オープンだけど、全然平気。

クロだからこんな事できるんだろうなぁ・・・ヤギとお風呂なんて入ったら、始めから終わりまでド☆ピンクワールド全開になってしまうと思うんだ(入ったことは無い(多分)し、今後も入るつもりはありませんが)。



よし、明日からまた頑張るぞ~
因みに今週は 日 曜 出 勤 で す 。

半日だけどさ・・・あーあ、早く気楽になりたい。 

| @クロ | 22:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |