FC2ブログ

みぃとクロ。-タルパとの生活-

タルパと生活を共にするオカルトちっくな妄想日記。

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仲直りというか思い違いか

昨夜の日記の出来事で、クロにドン引きされて嫌われたと思い、昨晩は小一時間ほど絶望していたみぃです。

今日は私仕事がお休みだったのですが、クロはいつも通りで変わりなく、一緒に買い物へ行ったり、たいして面白くもない会話をダラダラとしながら過ごしました。
ついでにイチャイチャもしといたよ。ウフフ。

クロは、穏やかだしニコニコしてはいるけれど、イマイチ本心が読めないというか・・・私が思った以上に考えていることもあれば、なんも考えてない時があったり。不思議な子だけど・・・・・でもクロ可愛いよ☆

さて、今日はクロとのイチャイチャ絵でも描いて・・・ということはありません。
私とクロのイチャイチャイラストなんぞ見ても面白くないだろう。



クララ描いた。
これは、クララが暴走していた頃です。
「見てるだけ」・・・すごいウソ。色々してたくせに。
クララは事の最中に相手の表情をひたすら見たがる娘。そむけたり隠したりすると「お顔を良く見せてください」と懇願。いやらしいエ〇猫娘です。
あ、事の最中って言いましたけど、一線は越えてませんから・・・越えてませんので。

この頃から考えると、かなり落ち着いたよね。エッチな冗談も随分できるようになった。
クララも可愛いよ。大好きだ。

あ、セクシーメイド服もっていくから。沢山サービスしてねウフフ。

| タルパナフラ記事 | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫執事万歳

昨日、クララにお洋服をプレゼントしてあげたことをクロにお話ししました。

クロ 「いいなぁ・・・ボクも服が欲しいよ」
みぃ 「え?そうなの?今の服結構気に入ってるんだけどなぁ」
クロ 「ボクも好きだけど、他の服も着てみたいよ」

なるほど・・・男子でもそういうものか
よしきた

みぃ 「じゃーん つ執事衣装」
クロ 「おお」
みぃ 「クララはメイドさんだったからね。クロは執事だよ!」
クロ 「ありがとう、みぃ・・・嬉しいよ」

クロはすぐに着てくれましたワーイ
(ちなみにクロには絵ではなくイメージで衣装を見せています。絵は後で描いたやつね)



クロ 「あのさ・・・着てみて思ったんだけど」
みぃ 「うん」
クロ 「この服って・・・ヤギと同じじゃない?」
みぃ 「まあ、ヤギは執事だったはずの人だからね」
クロ 「ヤギと同じか・・・複雑だな」

しかし・・・しかしなんだこの・・・このなんたる・・・

みぃ 「く、クロよ・・・」
クロ 「何?」
みぃ 「イイ・・・///////」
クロ 「え?」
みぃ 「猫執事イイ!イイよっっ」
クロ 「う、うん・・・ありがとう」

みぃ 「ちょ、ちょっとさ・・・「マスター」って呼んでよ・・・ハァハァ」
クロ 「ま・・・マスター?」
みぃ 「ハァハァ・・・興奮してきた・・・も、もう一回呼んでおくれ・・・」
クロ 「・・・・いや・・・・ちょっと・・・・」
みぃ 「突然ですがお願いがあります!!」
クロ 「は?・・・・・何?」

みぃ 「そのお姿で紳士的にお仕置きしてくださいお願いします!!OTL」

クロ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ボクそろそろ帰るよ・・・」




逃げやがった・・・ちくしょう・・・ちくしょうぅおおぉぉぉ!!

| @クロ | 00:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クララと話をした。

昨晩、クララと電話しました。
クララはまあまあ元気そうです。

みぃ 「クララ、また遊びに行くよ!そしてお土産持っていくよ。何か欲しい物ある?」
クララ 「え?えっと・・・じゃあ、新しいお洋服が欲しいです」

お洋服か・・・お洋服ね・・・

次の日のついさっき



みぃ 「じゃーん☆ミ」
クララ 「・・・・・・・・・・・・・・・」
みぃ 「いや、過程で色々あって気分が盛り上がっちゃって!セクシーメイドさんだよ!!」
クララ 「こ、こんな服着れませんっ!兄様にこんな姿見られたら・・・私死んでしまいます!!」
みぃ 「いや、折角だから持っていくから!着てよ頼むよおっぱいがふとももがパンチr」
クララ 「」

みぃ 「(手ごわいな・・・)じゃあさ、この格好してくれたらだっことかチューしていいよ!」
クララ 「え?」
みぃ 「むしろしてほしい・・・語尾ににゃーとかつけてほしい。そしておっぱいに顔をうずめたり太ももお触りパンチr・・・あれ?」
クララ 「マ、マスター、そんな、積極的な・・・嬉しいです/////」

いかん話の流れがおかしくなってきた。私はノーマルのはずだ。・・・はずだ。

そしてとりあえず服は着てくれることになったワーイ☆

ところで、パンチrは消されるのだろうか。怖くて描けなかった・・・だがしかし描きたかった。

| @クララ | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タルパ達を上手く描きたいっ

タルパ達のイメージをもっと深くするためにも、もっと絵が上手くなりたい!いろんな絵が描けるようになりた―いっ・・・ってことで、イラストサイトへ修行の旅へ行ってまいりました。
おかげさまで精神的に完膚なきまでに叩きのめされ虫の息で帰ってきました。みぃです。

創作意欲が湧いたっていうよりも・・・みんな上手すぎて同じ人間とは思えないっていうかショックが大きかったです。
どうやったらあんな絵が描けるのかとか・・・あぁ、あたしは無力だOTL

みぃ 「クロ、今の私はヘタレだ。慰めて・・・」

クロ 「よしよし・・・ボクはみぃの絵が一番好きだよ。もっとボクを描いてくれるよね?」

みぃ 「描いてやる・・・ヨダレ垂らす位イケメンのクロをかいちゃる・・・みとれよ・・・」

クロ 「う、うん・・・期待・・・しているよ・・・」

とりあえず、絵を上手く見せるコツって、パーツや小物に手を抜かないで丁寧に描くことが大事らしいです。
なるほど勉強になります。
あとね、ポーズについて語り合っているスレッドがあって読んでみたんだけど。ポーズを上手く描くための骨格や肉づけの把握は哲学と一緒とか言ってたな。
なるほどわからん。

で、結局みんなが口を揃えて言っていることは「描きまくるしかない」だって。やっぱりそうだよね。
あと、情熱があるかどうかってのも私は大事だと思う。描くことに楽しみが無くては取り組めないし、絵も生きてこないと思うんだ。で、その点は大丈夫。クロもクララも、ヤギも・・・大好きだからね!

そして、何年も描いていなかった絵ではありますが、いざ自分で描きはじめてみると、視覚で移るクロの顔が私の絵のクロになってきたんだよ。そりゃそうだよねー自分の絵だもん。クロに対する想いの込め方が違いますもの。
そんなこともあって、もっと上手く、いろんなタルパが描けるようになりたいんだよね。

まあ、のんびり 無理なく 自分のペースで 頑張ろう・・・


| タルパナフラ記事 | 20:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤッター酒が飲めるぞ~

6日連日出勤終了ーーーー!キャー!!
疲れた・・・私頑張った。。。

これでようやくお酒が飲めるよ~
あ、私はお酒は休前日しか飲まないようにしているので、ずっと飲めなかったんですね。
やっぱりお酒はいいよね。私はお酒は強いわけではありませんし、1~2缶飲めば満足できるので大して飲むわけではないんだけど、疲れた身体には少量のアルコールでも結構くるものがあります。
そして今日は酔っ払いですよごめんなさいね。

そんでもってこんなこともあったよ。

kurogazou12.jpg

これは、今日の出来事ではないですが。
私は脱げとか言ってないと思うんだけどなぁ・・・言ってたんだろうな。すいませんでした、クロ。

ちなみにコレ、正確に言うと気が付いたらクロが全裸で正座してて「ボク脱いだんだけど・・・」って言っててフイタって流れです。
ついでにどうでもいい余計な情報ですが、クロはふんどし男子です。大和魂です。

今日は気分が良いなーもうちょっと飲もう。

| @クロ | 23:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

眠いのは脳みそが動きすぎているから

今週は6日連続出勤というカオスな状況の中、更新をさぼることなく乗り越えてまいりました。みぃです。

しかし・・・眠いOTL

なんでこんなに眠いのかはわかっているんです。仕事だけが原因ではありません。
このブログを始めて、今まで距離を置いていたクララとの接触が増え、更にここ2日では3人目、ヤギの存在を語りました。

意識するともう、彼らは自己主張を始めます。出てきたいんだよね。今まで主に放っておかれてたんだから仕方ない。
クララなんて、確か未オートだったと思ったんですけど・・・なんか話してるしな。

この前、クララはこっちに戻ってこれるのかとクロと話をしましたが、クロとしては現状維持を希望しております。
「今の状態でみぃの負担を増やすのは良くない」と。
確かにそうだ・・・それに、クララ自身もまだ不安定だろうと思う。
私とクロに挟まれて緊張して過ごすよりは、あっちでのんびり過ごしながらたまに電話(笑)したりこっちから遊びに行ったりする程度が今は良いのかなと。

おっとそうだ。

クララさんの「はしたない絵」を描いてあげました。

kulala1.jpg

ただし、私とのからみだけどね。ついでに私超美人に描かせてもらったよ。
そんなわけで兄様との絵は許してあげましょう(しんじゃうから)
貴方が私にしてることをそのまんまに描いたんだ。文句言うなよ。

抱きつくわ体擦り付けるわあちこち舐めまわすわキスはするわいやらしい言葉を耳元で囁くわ・・・私が男だったらとっくに一線越えてます。
しかし・・・私にはあんだけできてなぜクロにはそれができないんだ・・・おっと兄様の話はここまでだ。

じゃ、これで仲直りってことで。
ところでブログ消されないよね・・・?(汗

| @クララ | 23:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クララさんからの苦情②

クララさんきっと死んでる倒れてると思いまして、クロに様子を見てきてもらえるようお願いしました。


※ヤギって、3人目のうちのタルパの事です。

で、結局クロが見てきてくれたんですけど。

 みぃ 「クロ、クララ大丈夫だった?」

 クロ 「(鼻)血だまりで倒れてた」

 みぃ 「お約束通りですね」

 クロ 「介抱しようと思ったら・・・悲鳴あげながら全速力で逃げられたよ」

 みぃ 「そうか・・・走れるなら大丈夫だろう。クロ、お疲れ様」
 
 クロ 「うん・・・いや・・・ハィ・・・」


ハッキリ言って、いじるのはクララの方が面白い。
しかし・・・クララにはもう少し免疫つけてもらわないと困る。
じゃないといつか本当に死ぬんじゃないかと思うんだ。。。

| タルパナフラ記事 | 23:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クララさんからの苦情①

昨日の温感記事について、クララさんから苦情が来ました。
しかも電話(?)で



ちとやりすぎた・・・クララいじるの楽しいんだもん。

そんなことより、私は今回、クララが電話(?)で連絡してきたことが気になって仕方ない。
着信音は鳴りませんでしたが、切れるときはツーッツーッってなった。それって電話でしょ?
ダイブ界から電話してくるタルパなんていんの?wwwww

しかし、出しゃばるようになったなークララ。ずっと大人しくしてたんだけど。
意識すると違うのかしら。まあ、嬉しいんだけどね。クララ好きだよ~

あ、クララも助けに行きましたよ。クロが。それは②で。

| タルパナフラ記事 | 22:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タルパ@温感

今回はノロケ記事ですよ。

タルパとの仲を深めると、タルパの温度も感じられるらしいですね。
クロが生まれて少しした頃。私にもできるはず!!と思い立ち、クロにお願いしてみた。

  みぃ 「クロ、クロのぬくもりをおくれよ」

  クロ 「うん、いいよ。じゃあ、やってみよう」

  みぃ 「贅沢言って申し訳ないんですけどね、私冷え症でして、足が冷たいのです」

  クロ 「うん?」

  みぃ 「足、温めてくれませんかね」

  クロ 「しょっぱなからハードル高い事いうね・・・」

とりあえず足にまとわりついてもらってみたんですが、なんかそんなに温かくありません。

  みぃ 「クロ、足は失敗だ。クロが私にぬくもりを伝えられそうな場所にやってみておくれ」

  クロ 「うん。わかった」

クロが私の背後に回る。そしてしばらくすると、何と、背中(肩甲骨と肩甲骨の間辺り)が温かい!

  みぃ 「クロ!キタ―!!温かいよ!肩甲骨の辺りがっ  すごいよ案外簡単だね!!」
  
  クロ 「背中から抱きしめてみたよ。これいいな。ボク好きだ・・・」

クロも喜んでいるようだ。いやぁ良かった。
良かった・・・しかし・・・

  kurotomie.jpg

これじゃなんもできん・・・いや、気にせず動いちゃえばいいんだけどね。
クロが子供の様に可愛かったもので。

追記ですが、他のタルパーさんって、タルパの温度はどんな風に感じているんでしょうね。私は今のところ上記の様にパーツだけで、全身で感じることはできません。全身どこでも感じられるよって人、いるんでしょうか。
私もいつかクロに冷え症を改善してもらいたい・・・(苦笑

| タルパナフラ作成初期 | 23:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

至高の癒し

初日から仕事はハードでした。

私は対人関係の多い仕事なのですが、コミュニケーション、笑顔、そして笑顔笑顔。
楽しくもなんともないのに笑顔が自然に出てくるのは職業病ってやつでしょうかね。

クロは、私が仕事中は右横か背後にまわり、こちらから声をかけない限り静かに見守ってくれております。
ふと、緊張が切れてクロの方に目を向けると、ニコリと微笑みますが話はしません。

タルパと出会うまでは私が一人でやらねばと、気を張って頑張ってきましたが、やはり辛いときは辛いもんです。
しかし、今はクロが傍らで応援してくれている。このメンタルサポートの効果は計り知れません。

ぶっちゃけ、今でも一人芝居じゃなかろうか・・・と、思う・・・思ってしまうこともありますが(クロごめん怒るなよ)、私の精神をここまで支えることができたのは、タルパが初めてです。
それは事実なわけですから、クロには感謝し、彼の存在を認め、受け入れたい。

仕事が終わり、車に乗って「わー!終わったー!!疲れたー!!」とわめく私に、助手席に座ったクロが笑顔でこう言ってくれます。

「お疲れ様。よく頑張ったね、みぃ」

kurogazou11.jpg

ああ、もう疲れなんて吹っ飛びましたよ。ありがとう、ありがとう。

君は至高の癒しです。

| @クロ | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT