fc2ブログ

みぃとクロ。-タルパとの生活-

タルパと生活を共にするオカルトちっくな妄想日記。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな試み

お久しぶり。
令和2年になってから初めての書き込みとなります。
今回はクララを苛め(と言う名のイチャイチャ)ております。



私はブログをお休みしていた間に考え、行動していた事がありました。
それは何かといいますと、12月8日の書き込みの中で『自分の将来について考える事があります。私はこのままで良いのか。本当は何をして生きていきたいのかと。』って書いた件についてです。

私はやってみたい事があるのですが、今まで仕事が忙しいだのと理由を付けて先延ばしにしてきました。しかしこのままでは駄目だと、やはり挑戦してみたいと思い立ちまして・・・それは、ある国家資格を取得する事なんですけどね。
通信講座で2年位学習することで、その受験資格を得られるというものです。

そんな中、タイミング良く学校説明会が行われるとの情報を得て、まずは行動に起こそうと予約を取り参加してきました。


*


さて、今回は誰をお供に連れて行こうかなと考えて、クララを連れていく事にした。

最初はヤギを連れて行こうと思ったけれど、最近頼り過ぎている気がしたし、彼とは別の視点で意見をしてくれそうなクララから話を聞いてみたかったので、クララにお願いした。



私が住んでいるところは都心からそれなりに離れており、今回の説明会も地方会場で行われた。

開始5分前位に開催地であるビルに到着し、目的の部屋を探しながら館内を歩き回っていると、その中の一室から話声が聞こえてきた。
説明会会場の看板も張り紙もないが、ざっと見渡して扉が開いている部屋はここだけだしな・・・と思いちらっと覗いてみたところ、中にはスタッフらしき中年の男性と、受講希望者らしき年配の女性の2名が話をしていた。

私が入り口から覗いている事に気が付いたスタッフさんが、笑顔で「どうぞ」と中に入るよう促してくれる。一礼して入室すると、机が12~15個位並べてあって、その上にはパンフレットが置いてあり、見てみると確かに私が受講を検討している通信学校の名前が書いてあった。どうやら場所は間違っていないらしい。

私は控えめに後ろから2番目の席に座ると、それを見たクララは続いて私の隣の席にちょこんと座った。
少し身が縮こまっているように見えるけど・・・猫耳と2本のしっぽもピンと張りつめている。緊張しているのか。



みぃ:「クララ、緊張しているの?」

クラ:「は、はいちょっとだけ。私、こういうの初めてですから・・・。」

みぃ:「付き添いなんだから緊張しなくていいよ(苦笑)しかし誰も来ないけど、まさか参加者は私とあのマダムの2名だけってことか?」

クラ:「えっと、まもなく開始時間ですね。もしかして遅れて来る人がいるかもしれないけど・・・」

みぃ:「そうね。ま、人気がある資格ではないからなぁ」


スタッフと参加者の2人に不思議がられないように、手元のパンフレットを見るフリをしながらクララと話をしていると、マダムと話をしていたスタッフさんが私の方へやってきた。

「説明会の予約をしてくださったみぃさんですよね?」とか、「この分野の経験はありますか?」等簡単な質問を受け、そうしているうちに定時になって説明会が始まった。

話を聞いてみると、私が今回取得を考えている資格は今の仕事に関連しているものであり、その為現在働いている経験年数によっては免除される講義や実習があったり、授業料が減額されるといった特典があるらしい。

幸い私の経験年数はそれらの条件を満たしているらしく、10万円位授業料が安くなって、かつ数十時間分の受講が免除されるとの事だった。それはありがたいなぁ。
しかもハローワークで実施されている「職業訓練制度」を利用することで、受講料の50%~最大70%が返ってくるとの事。へぇ~すごい@@

最初、2人しかいなかったのでどんなもんかと若干不安ではあったけれど、いざ始まってみれば少人数だったおかげで納得がいくまで遠慮なく質問が出来たし、スタッフさんも丁寧に説明してくれて好印象だったし、結果的にかなり有意義な時間を過ごすことが出来た。



家に帰った後、貰ったパンフレットを改めて見直しながらクララと話をすることにした。


みぃ:「今日は行って良かったよ。学校のサイトだけでは不明だった点も質問できたし、費用も援助してもらえそうで安心した。やってみようかな~って思うけど、どう思う?」

クラ:「マスターが納得できたのなら、決めて良いと思います。私は、マスターを応援します」

みぃ:「そっか。まぁ私がやる、やりたいって思えたらそれが答えだもんね。しかし、今日はクララも随分熱心に聞いていたね(笑)」

クラ:「だってマスターがお世話になるかもしれない学校ですし、それに・・・」

みぃ:「うん」

クラ:「そんな大事な場所へ一緒に行く相手として私を選んでくれたから、頑張ってマスターの力になりたいって思ったんです・・・」


そういうとクララは、もじもじしながら恥ずかしそうに俯いた。
何 そ れ 可 愛 い。


みぃ:「お前ね、そういうの駄目だから」

クラ:「え?」

みぃ:「可愛過ぎるから。ずるいでしょ」

クラ:「あの、ご、ごめんなさい・・・」


どうして怒られたのか分からずオロオロするクララにムズムズした私は、彼女に近づくと人差し指で彼女の身体至る所をを容赦なく突ついてやった。
すると彼女は「あっ・・・」と小さく声を漏らし、顔を真っ赤にしながら身体と尻尾を丸めてうずくまってしまった。


嗚呼、だめだ

も う だ め だ(理性)。



クララの反応が相変わらず可愛すぎたので、やっぱり♡苛めて♡しまいました。
今回は一緒に行ってくれたしお世話になったので我慢しようと思ったけれど、当然のごとく無理でした。


でも私は悪くありません、悪いのはクララです。えちちで可愛過ぎるあの娘が悪い。
私は悪くありません(2回目)。


*


そんなわけで今年もブログは継続しますが、通信の学校にチャレンジすることにしたので、更新頻度に関しましては相当怪しい雰囲気になってまいりました(アへ)。

でも、うちに長く来てくれている人は「またか」って感じで分かってくれるよね。「いい加減」が私のモットーでございます。
私も無理しないから、あなたも気楽に、気が向いた時にでもいらしてください。


それではまたねヾ(*´∀`*)ノ

| @クララ | 22:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

可愛すぎる彼女


〇パートナー(クララ)をいじってちょい苛めております。
〇最後に拍手コメントのお返事があります。

***************
***************
***************

お久しぶりです。

ここ暫くは、年度末による人事異動やらあれやこれやで職場内が引っ掻き回されておりました(現在進行形中)。
この前記事にも書いた、優しいマダムさんも退職していなくなってしまった・・・空っぽになったデスクが悲しい(´;ω;`)エーン

4月から新しく来る人(異動)はベテランのバリバリキャリアウーマンさんで、過去に別の部署で一緒に仕事していた人(上司だった人)です。
顔見知りなのでそういった意味では仕事しやすいけど、性格がきつい人でして。うちのボスも強い女性だし、衝突しないといいんだけどな。

そんな中、色々あって疲れた私がボスに「今後仕事やっていけるか不安です」と弱音を吐いた。そうしたらびっくりされて、何とか頑張ってくれみたいなことを言われた。

私の仕事は資格が必要な職なのですが、エライ面倒な仕事だしそのせいもあって成り手がおらず人手不足です。だから辞められると困るんでしょう(直球には言わないが)。
忙しいわりに給料安いしね。

不安はこぼしたけど、このタイミングで辞めるとか鬼畜レベルの酷い奴なので辞めません。
この時期は私だけでなく皆も余裕がなく疲れておりまして、それでも何とか頑張っております。

この職場の救いであることは、職場の同僚が皆さん良い方だという事です(ボスも悪い人ではないがクセが強いから苦手)。


とはいえ、いつも穏やかなA先輩がボスに無茶な仕事を振られて、キレてボスと言い合いバトルしたり。
ボスも例外ではなく、仕事がスムーズにいかず怒り散らしたと思ったら次の日に「眩暈がする・・・」と、半日休み取ったし。
更にはその現場を目の当たりにした女神ママの癒し系Bさんが精神的ダメージを受けたらしい。その週の休日に、気分転換しに息子と寿司を食べに行ったと言っていた・・・寿司か。和風な女神様だ。

どうでもいいことだけど、私が気晴らしするんだったら、クララエリザヴィスタの女子軍団でケーキバイキングに行って、そんで全て食べつくすかな。・・・全部は無理か。


ケーキバイキングにはいかなかったけど、そんな日々に疲れたからご褒美にケーキを買って家に帰った。




みぃ:「ま~とにかく今のうちの職場は荒れ狂ってて酷いもんだよ。正直疲れたわ。」

クラ:「マスターいつもお疲れ様です。どうか無理をせず、お休みを取ってください。」

みぃ:「そうは言うが、無理しないと仕事が終わらないんだよ。有給休暇を利用しても、休んだ分仕事が溜まって自分の首絞める事になるわけで、気軽には取れないんだ。」

クラ:「そうなのですか・・・マスターのお仕事を良く知らないで軽はずみな事を言ってごめんなさい。」

みぃ:「いいんだよ(笑)。それより、お仕事頑張ったご褒美にちょいお高いケーキ買ってきたよ(∩´∀`)∩イエーイ」

クラ:「わあ、美味しそう!ええと、3個買ってきたのですね」

みぃ:「うん。一個ずつ味わって食べるか、3個同時進行で食べるか迷ってるの(*´艸`*)」

クラ:「え、3個全部食べるのですか?」

みぃ:「そうだよ。だから夕飯はおにぎり1個だけにしたんだもん。」

クラ:「それはちょっと、体に良くないと思います(;´・ω・)」

みぃ:「大丈夫だよ、小さいケーキだし。たまにはいいじゃん?」

クラ:「でもあの、せめて1個は明日にして、その分お野菜を食べた方が良いと思います」

みぃ:「今日はいらないな~ケーキ買っちゃったし。」

クラ:「でも、でもマスターの為にはお野菜の方が・・・」


私が素直に応じないので、クララが困ったようにオロオロし始めた。

クララは私の事心配して色々言ってくれるけど、余程の場合でないと強く言うことは無い。そして、困ったりアワアワしているクララが可愛い過ぎる為、余計に反抗して困らせたくなるという悪循環(酷)。

因みに、これがクロだったら「大丈夫?」とは言うが「大丈夫♪」と答えれば大概それ以上は言わない。ヤギだったら「マスターの健康がなんたらかんたら~」と説教されて1、2個で我慢することになったろうし、エリ子は「食べたら明日の食事はコントロールしようね」って言うだろう(基本私に任せるけど、アドバイスはくれる感じ)。
ヴィスタは「ヴィスタも食べたい!」って騒ぐだろうな。ま、今まで関わった経験を踏まえての予想ですが。

みんなちがってみんないい。と言う言葉があるが、ホントそんな感じ。



さて。
オロオロ&アワアワしているクララを堪能したので、そろそろ彼女の言う事を聞いてあげる事にした(上から目線)。


みぃ:「じゃあクララの言う通り、今日はケーキ2個にして野菜食べるか。」

クラ:「わあ、本当ですか・・・よかった!」

みぃ:「うん、野菜を沢山食べればクララみたいな巨にゅーになれるだろうし。」

クラ:「え?」

みぃ:「野菜を食べまくってそこまでデカく育ったんだろ?」


そう言うと私はクララの胸をわざとらしく覗き込んでやった。
クララは元々野菜の大食い娘であり毎日規格外な量を食べているので、『野菜で育った胸』と言う表現はあながち間違いではないと私は思っているが・・・。

すると、クララは私の視線から逃げるように急いで胸を両手で覆い、真っ赤になりながら猫耳と2本の尻尾をぶわわっと膨らませた。


クラ:「ちっ、ちち違います!」

みぃ:「違う?野菜でおパイは大きくならないの?」

クラ:「なりません!!」

みぃ:「ふーん。じゃあ、食べない。」

クラ:「え?!

みぃ:「おっPが大きくならないなら、野菜食べない(´・ω・`)」

クラ:「・・・・・・・・」

みぃ:「ケーキ全部食べよっと((*´・ω・`))つ□」

クラ:「まって!あ、ああ、あのあのあの!

みぃ:「何?((´・ω・`))つ□)

クラ:「お・・・大きくなる・・・かも、しれないので、お野菜を食べてください・・・(´Д`;)アウアウ」

みぃ:「wwwwはいよwww」


言った傍からまたしてもクララをいじってしまった。
だってこの娘本当に可愛すぎるんだもんやめられないの。・・・でも、やり過ぎない様に気を付けないとな(汗)

h310331a.jpg
クララタンにはいつも癒されております♡いじってばかりでごめんねスキスキ♡


いじわるばかりしましたが、最後はちゃんと彼女の言う事を聞いてお野菜も食べたし、仲良くしてるから大丈夫よ(*´艸`)

*


明日から新年度ですね。引き続き忙しい日々が続きそうです。
更新ダラダラで、絵もラフっぽいものが増えると思いますが、のんびり宜しくお願いします。


***************
***************
***************

【こちらは拍手コメントのお返事です】

〇匿名様
こんばんは!お返事が遅くなりすいませんです(-_-;)

匿名さんの「今描ける絵を、気楽にたのしく描く」ってお言葉は、本当にそうだよなぁ・・・って、すごく共感しました。
なので、これからも完成度とか気にせず楽しく描いていこうと思います!どの様な絵でも、常に愛はタップリ込めております☆

絵もブログも無理はせず、今出せる力の範囲で頑張ります、ありがとうございます(`・ω・´)b

あ、ラフな絵も褒めてくださってありがとうございます(n*´ω`*n)ウフフン♡

| @クララ | 20:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

頑張るクララさん

前回の記事で私が『紳士と少女(少年)のイチャイチャ仲良しコラボ大好き』発言をした件について。

その記事を見てくださった、さるやんごとなきお方から
「みぃさんちはろりちゃんはいるけど、しょた君はいないね」といったご感想をいただきました。
言われてみますと、確かにそうでした。

ついでに、「みぃさんちのパートナーさんはアレコレ変身できるし、それならショタにもなれるかも?」とのお言葉も頂きまして。

わーお。

わーーーお。

それは盲点だったなぁ・・・考えたこともなかったです。
ショタ君がいれば、紳士×少女×少年のハァハァズッキュンさんPな世界(語学力崩壊)が完成するってことじゃないですか(鼻血)。匿名さん天才かな?

これはもうやらねば(使命感)


(*^q^*)


だがちょっと待って欲しい。
仮にお子様になれたとしても、ショタ枠に入れるのって今のメンバーだとクロしかいない(匿名さんもクロのお話をされておりましたが)。そしてヤギは紳士ポジションだから、子供になると困る(紳士役がいなくなる)。

上記の理由から、やるとすれば紳士(ヤギ)×少年(子クロ)になるわけだ。
みぃ家では犬猿の仲として有名なこのお二方でいちゃいちゃとかマジユートピア。

・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

ダイブ界で美少年をかっさらって勧誘するしかないな(嘘だYO!!)


*****
*****


今日はクララさんのお話。


この前の記事で、クロちゃんに人間の姿のままで猫の真似をして貰ったことがありました。
それを今回はクララさんにやってもらおうと言う企画です。


みぃ:「・・・と、言うことで。クララ~その姿で猫ちゃんやって♡」

クラ:「は、はい・・・どうすれば良いのでしょうか。」

みぃ:「まー、クララが思うようにやってごらんよ。」

クラ:「えっと、猫だから・・・こうですか?(招き猫のポーズ)」

みぃ:「え~なんかつまんない。どうせならもっと前屈みになっておぱぃの谷間を強調しつつ、おしりフリフリなセクシィ雌豹ポーズがいいなぁ(*´∀`*)ヤッテ♡」

クラ:「そそそ、そんなことしません!!」


真っ赤になって怒られた。
やっぱりダメか。いいよ~知ってるもんね(テヘペロ)。

とは言えクララさん、何だかんだ言いながら『人間の姿のままで猫さんの真似をしてほしい』という主のリクエストに一生懸命応えようとしてくれます。
これってやっぱり愛かしら・・・(´艸`*)ウフ


クラ:「マスター、これはどうでしょうか。」

みぃ:「悪くないけどポーズが固いな~猫さんはもっと柔らかいイメージが。」

クラ:「そうですか。じゃあ・・・こうですか?(腰をひねる)」

みぃ:「あ、猫っぽいかも。でも足はもっと動きがあるんじゃない?」

クラ:「えっと、じゃあ、こう?こうですか?!

h300416a.jpg

wwwwwwwwwwwwwwww


クラ:「・・・?マスター?」

みぃ:「お前何でそんなに必死なんだよw耳もしっぽも凄いピーン!・・・って、なってるぞw」

クラ:「だ、だってだって、マスターが猫真似を見たいって・・・!だから私・・・あの・・・・・変ですか(´・ω・`;)」

みぃ:「ちがう、ちがう!可愛いよサイコー♡♡♡」


主の為に頑張るクララちゃんが可愛過ぎたのでもう無理(デレMAX)。

何か当初の目的から外れた気がするけど、ぶっちゃけどうでもいいれすごめんなさい(^q^)ウホァ♡



ああ・・・このままずっと幸せに浸っていたい。。。

| @クララ | 22:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クララの優しさ

野菜が高くて困っちゃう(´・ω・`)

最近はちょっとは落ち着いてきたかな・・・まだ高い野菜もあるけど。
今日はそんな日の話。


この前スーパーに買い物行ったら大根が250円、キュウリが3本で178円、キャベツが小さいので300円だった。季節にもよるけれど、普段なら平均して100円位で買えたはずだ。お前らいつから高級食材になったんだ(絶望)。
肉の方が安いなんてどうかしてるよ(豚小間は100グラム98円だった)。

だからと言って買い控えはできないし。栄養面でも野菜は大事だからね。
それに私の場合野菜食べないと胸焼けというか、何となくムカムカ&イライラしてしまうので食べないわけにもいかない。
自分、野菜好きなんですよ・・・結構バリバリ食べます。クララほどじゃないけど(彼女は野菜の大食い女王)。

そんな中もやしが25円で売っていたので迷わず手を出した。もやしは庶民の味方だ・・・と、思いきや地味に値上がりしているんだよねー。

あとは「豆苗」とか、「カイワレ大根」とかも安かったな。
ちなみに「豆苗」ってのは根っこごと売っているので、上手くいけば2回食べられる。パッケージにそう書いてあったから水につけて置いてみたら、新芽が生えてきてもう一回食べられた。バターソテー結構いけるよ。これで100円なんだから安いと思うな。

これらの野菜は普段あまり食べないんだけど、こんな時期だから買ってみようと思います。


みぃ:「・・・って感じでね、今こっちでは野菜が不作で凄く高くてさ!私何食べれば良いか分からない!みたいな。もーまいったよ(汗)」

クラ:「そうなのですか。実は、うちの畑も今お野菜があまり採れないんです。」

みぃ:「え、こっちも?てか、豊作とか不作とかあるわけ?」

クラ:「はい。天候だけでなく、土地や肥料、草取り等の手入れも関係します。その辺はマスターの世界と同じかと。」

みぃ:「へぇ~そう。クララは野菜が大好きだから、野菜ないと死活問題だな。大丈夫?」

クラ:「そこまで深刻ではありませんし、平気です。他の食べ物も色々あるし、皆さんもお野菜をくれたりしますので。」

みぃ:「皆クララ宅には良く出入りしているもんね。お前は本当に皆に愛されているな。」

クラ:「いえ・・・//。だから、私はマスターの方が心配です。お仕事が忙しい今は特に、バランスの良いお食事で体調を整えて欲しいから・・・。」

みぃ:「いや、こっちもそんな心配する事じゃないからね?野菜が全く食べられないとかじゃないし。早く値段が落ち着いてほしいなーとは思うけどね。」

クラ:「そうですか・・・」


クララが何とも心配そうな顔をするので、「ヤベッ」と思った私は適当に話を切り上げた。


彼女は私の事を良く心配してくれる。今は私の仕事が忙しいことを知っているから尚更だ。

それはありがたいけれど、クララは自分の事を顧みず他人の為に一生懸命になってしまうところがあるので、つまらないことでいちいち心配かけていたら彼女の身が持たなくなってしまう。本当に阿呆な猫娘(超誉め言葉)なんだクララは。

だから、私が上手くコントロールしてやらなければと思ったりもする。そう言ったものの結局甘えてばかりなんだけど・・・ダメなんだよなぁ、あたしも。



そろそろ帰ろうと思ったら、クララが「ちょっと待ってください」と言ってパタパタとその場を離れる。少ししたら彼女が戻ってきて、その腕の中には野菜がいくつか抱きかかえられていた。

h300311a.jpg
※クララ宅の野菜はもっと大きいです。


クラ:「あの、これ少しだけど良かったら持って行ってください。」

みぃ:「え?いいよ、野菜あんまり無いって言ったじゃん?」

クラ:「私は大丈夫です、どうぞ・・・」

みぃ:「気持ちは嬉しいけど、ここの野菜は向こうに持って帰れないし。それはクララも分かっているでしょう?」

クラ:「でも、私マスターにこんなこと位しか・・・大変な時に何もできなくてごめんなさい。」

みぃ:「いや、十分過ぎる程助けてもらっているよ。クララがいなかったら今の私はない。だから謝ることなんてないよ。」

クラ:「そんな、私・・・」

みぃ:「いいから「ハイ」って返事すればいいんだよ。面倒な奴だなお前は。」

クラ:「は、はい・・・・・ごめんなさい・・・・・」

みぃ:「だから、謝るなって(苦笑)」


猫耳を垂らして申し訳なさそうにしょんぼりしているクララがなんだか可愛くて、思わず抱きしめて沢山キスしてしまった。
そうしたらクララも安心したのか、嬉しそうにすり寄って私の顔を猫みたいにペロペロ舐めてきたので(猫だけど)、そのまま暫くイチャイチャしてきました・・・エヘヘ♡

クララは優しくてイイコだな~スキスキ♡❤♡(ノロケゴメンw)



3月も10日超えました。このまま温かくなって、野菜も美味しくて安いの色々出てくるなきっと。

仕事の方はお察し。まあ、頑張ります。
うちのブログに足を運んでくださっている方、いつもありがとうございますm__m

| @クララ | 21:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今度は男装の話。

追記は個人の方へのメッセ―ジとなっております。



今日は前回の記事の続きみたいなもので、「男装」の話。
前回はタルパ界隈で畑違いであろう話をドバドバしてしまいそろそろ追い出されるだろうなと思っておりましたが、ここにいらっしゃる皆さんは思った以上に器が大きい方が多いようなので(もしくは同士)、懲りずにまた話しをしたいと思います。
・・・・・苦手な人本当にすいません。

際どい話とかはしていないので注意書きする事も無いとは思うけれど(個人的には)、中には苦手な方もいると思うから一応書いておきます。レズっぽい内容もあります。
苦手な人は以下スルーでお願いします。

*************************************
*************************************

前回は女装が好きと言ったけど、私は男装も好きです。

男装の麗人として有名なオスカル様(このお方は検索すれば沢山出てきます)とか本当に綺麗&かっこいいと思う。自分が生まれる前からこんな作品が世に出回っていたなんてステキ・・・知らない方は機会があれば読んでみてくださいね。

あたくしもオスカル様みたいに華麗に薔薇ムシャできるお姉さんになりたいですわ・・・ちな今ソレやったら、頭の足りないキチBBAにしか見えませんけど(アヘ)

しかしながら、男装と言うジャンルは女装に比べて需要が少ない様に感じる。もっと栄えても良いと思うんだけど。

自分も学生時代にお遊びで男装したことあったけど、ブーツ履いて170cm弱のデカさになった自分に小柄な女の子が抱きついてくれた時は新しい人生が始まりそう(キャ♡)だったし、女友がイケメンメイクして撮った写真を見せてもらった時は、とりあえず結婚しよう(鼻血)と思ったもんです。


話しを戻しまして。

前回の記事を書いてアレコレ願望が沸いてきたのは良いが、うちのメンズに女装させることは中々ハードルが高そうなので、ならば女の子に男装してもらおうと思い付いた。

で、まずはクララに服を着てもらったんですけど・・・クロ(と同じデザイン)の服を。

いや―、自分日頃際どいのばっかり彼女に着せているものだから、いざ男性の服をクララに・・・と思ったら何着せて良いか分からなくなりまして(阿呆)。

ところで着せたはいいが、どう見ても全く男装になっておらず。
何故かって、元々顔が可愛い系という事もあるけど、男装するならば一番に隠さねばならないおっぱの部分が、どういうわけかはちきれんばかりにみっちみちなんだよな・・・私の願望ですかね?


そんなわけで私の女の子男装化計画@クララVer.は失敗に終わった。別にいいんだけど可愛かったし。
因みにクララはすごく嬉しそうでした。

「随分嬉しそうだな」って言ったら、「はい、兄様とお揃いだから・・・(*ノωノ)」と。

h291217a.jpg
クララさんの至福モード(18日差し替え)

幸せいっぱいにシッポまでこんなにグルングルン絡めちゃって・・・余程嬉しいんですね・・・・・嗚呼もう、可愛いこと。
このままこの服着てろと言ったら喜んで着てそうだな。

・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・

なんか可愛過ぎたので、男装が上手くいかなかったことを口実に少しいぢめてしまいました。
こんなんでもクララさん大好きなのよ・・・・・捻くれ主でごめんね。



男装はエリザの方が似合うかもしれません。彼女は背も高いし、顔も可愛いと言うより美形だからね。
でも、燕尾服は着てくれないだろうなぁ(ヤギと同じだから)・・・凄く似合うと思うんだけど。



今週末は予定が色々ある為、更新遅れるorできないかもしれません(´・ω・`)

≫ Read More

| @クララ | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT