fc2ブログ

みぃとクロ。-タルパとの生活-

タルパと生活を共にするオカルトちっくな妄想日記。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お誕生日

2月になりました。

ちょい過ぎてしまいましたけど、2月9日を迎え、クロの誕生日と同時に、ワタクシみぃもタルパー&ナフラ―8年生になりました。
8年生かーすごいなー(小並感)。

ところで今、自分で「タルパー&ナフラ―8年生」って言いましたけど、自分で「タルパー」や「ナフラ―」と名乗ることに違和感を感じるようになっております。随分前からですが。
「じゃあお宅何なんですか」って言われると困るんですけど・・・何なんでしょうね。思念体とか、人工精霊とか呼んでいる方もいらっしゃいますが・・・うちは何だろうな。

まあ、この件に関しては頭を痛めるほど悩んでいるわけではありません。
こんな適当な言い方すると不快に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、「私の傍にいてくれれば何者でもいいので、特に気にならない」が、正直なところです。でもそれじゃ、「タルパ」「ナフラ」でいいじゃんって、突っ込み入りそうだ。
何て言ったらいいんだろうなー上手く言えないなーでもしっくりこないんだよなー。

この件を考えるたびにブログ名もどうしようとか考えてしまう。
でも、今は優先して取り組むべきことが他にあるので、これに関しても保留です。

とりあえず、今のところ「パートナー」って言葉が一番しっくりくるので、そう呼んでいきます。こんなテキトー調子でグダグダな私が、いつまでこの界隈でやっていけるのか分かりませんが、許される限りお世話になろうと思っています。


***
***


さて、そのパートナーの話。


毎年恒例みたいになっておりますが、クロの誕生日には『クロとクララでイチャイチャしてもらう』って事にしております。
良くお願いするのは、クロにクララを抱っこしてもらう事なんですけど、まあそれも良いんだけど、今年はちょっと捻りを入れたいなーと考えまして。

でも、「新ジャンルの開拓」ってなると、考えれば考えるほど卑猥な事しか思い浮かばないんですよね(阿呆)。あんまり無茶言って、「そんなの無理!もうやらない!o(`ω´*)o」ってなるのも困るしな。


んー。

んーんー。


① 猫クロさん(大)の上に人間クララが乗ってお散歩
② 猫クロさん(大)の上に猫クララ(小)が乗ってお散歩
③ 人間クロが四つん這いになり、その上に人間クララが乗ってお散歩
④ 獣人クロが四つん這いになり、その上に人間クララが乗ってお散歩
⑤ 人間クララが四つん這いになり、その上に猫クロ(小)が乗ってお散歩
⑥ 人間クララが四つん這いになり、その上に人間クロが乗ってお散歩


開拓しすぎたかな(基地外)。

個人的には圧倒的④押しなんですけど、みぃお姉さんは優しい主様なので、選べた方が良いかなって考えました。
この選択肢だと、クララは①か②しか選ばないんじゃないかなーとは思うけどね。比較的ハードル低いし。


と、思っていたら。
意外にも、クララは①~④はイヤだと答えた。



クラ:「兄さまの上に乗るなんて、私できません。」

みぃ:「ふーん(なるほどソッチか)。クロはどうなの?」

クロ:「いくら猫の姿だって、兄のボクがクララの上に乗るのはちょっと。だから、クララがボクに乗ってくれる方がいいなぁ」

クラ:「そんな、でも私・・・」

みぃ:「うんうん、確かにそうね。じゃ、④ね♡」

クラ:「ま、まま、まってください!」

みぃ:「何だよ~クロはいいんでしょ?」

クロ:「うん、いいよ。」

みぃ:「よし、決まりだね(うへへ)」

クラ:「そんな・・・じゃ、じゃあ、私今からお風呂に入ってきます!」

みぃ:「いやなんでそこでお風呂なんだよw」

クラ:「だってだって、私汚れてて・・・こんな格好で兄さまの上に乗るなんて失礼です」

クロ:「何言ってるんだ、クララはすごく綺麗だよ。ボクの方こそ汚れているから、お風呂に入ってこないとな(苦笑)」

クラ:「そんなことありません!兄さまは、いつだって誰よりも美しい猫様です!!


r030214a.jpg


クロ:「え、う、うん・・・」

みぃ:「wwwwwwwwwww」



妹に絶叫(一喝?)され、若干引き気味の兄が・・・猫又兄妹のやり取りが面白過ぎた。8年目にしてもなお、コイツラ何も変わらん。
本当、可愛いというか、飽きないと言うかな~この猫又兄妹は(しみじみ)


ヾ(*´∀`*)ノ♡


ところでその後、④を実行してもらったんですけど、やはり良かった。
細かくは書きませんが、無限の可能性を感じると共に、私はやはりアブノーマルな女なんだなと再確認できました。
てかもう、表向きは兄妹の為とか言っておきながら、ほぼ私利私欲のためにこの2月9日を利用しているとしか思えんw

まあ、それは置いといて・・・2人とも、お誕生日おめでとう☆こんな私ですが、これからも宜しくね(∩´∀`)∩ゴメンネ-


来年も楽しみです(笑顔)

| クロ&クララ | 09:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バカプル

1月が終わりますね。
私、2月でタルパー6年生になります。もうそんなに経つのか・・・早いな。


さて、6年目突入間近にして最近思う事。
一般向けのブログをもう一つ作ろうかと考える事があります。

最近の私は落ち着いておりますが、パートナー達との関係が落ち着いていなかった過去は、私のメンタルの波による閲覧注意の記事がチラホラ存在します。
成人指定とまではいきませんが、そういった記事の存在により自身の活動範囲を自粛しているところもあります。

ならば閲覧注意の記事をパスワード制にすればとも考えましたが、アレも私なので隠したいとは思いません。

でも、うちのブログに足を運んでくださる方の中にも、攻撃的だったりネガティブだったり、エ〇かったりする記事は苦手だと言う人もいると思うんですよね。
私よりうんと年下の方も来てくださっているようですし(これ自体はすごく嬉しい)、気にならないし何でもいいかと言えばウソになります。
私はヤラC絵とかもっと描きたいんです。

だったらいっそ、住み分けしちゃった方が楽なのかなと考えることがあるのです。自分としても遠慮しなくて済むしね。閲覧注意~うんぬんかんぬん~とか前もって書かなくても良くなるじゃん?

でも、分けたら分けたで運営が面倒くさくなるんだろうなーとも思う(-_-;)今でさえ散らかりまくったブログなのに、そんな器用な事が私にできるのかっていう。
・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん、できねぇな(アヘ)


以上、思ってみたことを書いてみました。
言うだけ言っといてなんですが、実行するかどうかなんて分かりゃしないので聞く耳半分でお願いします。

***
***
***

さて、もうすぐ2月ですが、2月と言えば節分ですね。
今回はクロとクララと3人で、恵方巻について話し合ったので、その時の会話です。


みぃ:「2人とも、もうすぐ節分だけど、恵方巻知ってる?」

クロ:「知っているよ。みぃとお店に行った時、節分の話をしたじゃないか」

クラ:「私も、マスターとコンビニへ行った時に見たことがあります」

みぃ:「え、そうだっけ(覚えてない)?でも食べ方とかは知らないでしょ?」

クロ:「恵方巻は海苔巻きだよね。そのまま食べればいいんだろ?」

みぃ:「恵方巻は食べ方に決まりがあるの。節分の日の「夜」に、縁起の良い「恵方の方角」を向いて食べるんだよ。」

クラ:「そうなのですか。お昼ご飯にはできませんね・・・」

みぃ:「しかも、食べる時はお話ししたりとか、途中で食べるのを休んだり、飲み物を飲む事も駄目なんだとさ。」

クロ:「ふぅん、面倒な食べ物なんだな。ボクは皆と向き合って話をしながら食べたいよ。ねえ、クララ。」

クラ:「はい、私もごはんは楽しく食べたいです。飲み物もだめなんて、ちょっと大変そう・・・。」

みぃ:「まあな。『恵方巻の売れ残りが深刻』なんてニュースで見たことあるけど、そんな大変な食べ方が理由だったり?因みに私、恵方巻自体は大好きなのよね。」

クロ:「へぇ、そうなんだ・・・ところでこの「恵方巻」って、ボクたちのしっぽに似ているよね」

みぃ:「え、そう?」

クロ:「だって、長くて黒いじゃない」

みぃ:「ああ、まあ、そうね・・・」

クロ:「恵方巻が大好きなみぃは、ボクたちのしっぽが美味しく見えちゃったりして」

みぃ:「え、さすがにそれはn」

クロ:「間違って食べちゃダメだよ。」

みぃ:「は?」

クロ:「なんてね!」

みぃ「・・・( ゚д゚)ポカーン」

クラ:「いやだ兄さまったら面白いこと言って!うふふh(大ウケ)」

みぃ:「((゚A゚;))エッ」

クロ:「( =˘ω˘= )ドヤァ」


猫又兄妹たちにとってはかなり面白いジョークだったらしく、呆気にとられる私を放置したまま暫く盛り上がっていた。ついていけねぇ。

こういう、2人だけの世界で盛り上がっているバカップルとかいるよね。まあこいつらはそうなんだけど(誉め言葉です)。

h310127.jpg
バカップルは勝手に盛り上がっててください。


・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

あたしもバカプルやりたい(´;ω;`)ブワッ

| クロ&クララ | 22:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

残暑だなぁ

今日はお絵描きの日。


この前の記事の絵(ヤギ)を描こうと思ったのですが、その前にどうしても描いておかなくてはいけない絵を思い出したので、そちらを先に描きます。


h300814.jpg


夏は水着娘を描かなくてはいけない(使命感)
・・・と、言う事でクララさん@水着Ver.です。

クララさんには常日頃ハレンチな着せ替えばかり強要しておりますので水着はいつもの事なんですけど年に1回くらいは彼女の水着姿を描きたいですよねデヘヘ♡


水着はセクシーだからサムネイル小さくした方がいいのかしら・・・とも考えましたが、水着でびっくりするような方々はそもそもうちには来ない(来れない)だろうと思い直し、いつものサイズで掲載しました。


私は男女問わず♡♡な絵が大好きなので、今後もそういった絵を掲載することがあります。
私の中で配慮が必要と思った場合は注意書きをするのですが、それも自己判断なのでアテにならないかもしれません。
・・・ので、私のブログに引き続きいらしてくださる方は、その点をご理解いただければ幸いです(o_ _)o))ゴメンネ


ところで「暑中お見舞い」って描きましたけど、もう残暑ですよね、ごめんなさい。
でもね、残暑って言うけど、昨日今日の気温34度ありましたよ・・・これいつまで続くんだろう。私は寒いの大嫌い人間で、暑いのは結構大丈夫だった方なのですが、ここまで暑いと流石にウンザリですわ・・・。



クララとクロは猫なので、この時期抜け毛が多くて大変のようです。お手入れも必要だし、部屋のお掃除もこまめにやっていると言ってました。

そういえば以前、ヤギがクロの部屋を「毛玉だらけの家」と表現したことがあって、それを聞いたクロが怒って喧嘩になったことがあったな(どこかに記事を書いたかと思います)。毛玉なぁ・・・私、「毛玉」って響きは好きなんですけどね。アニマルっぽいじゃん。

・・・まあいいや、今度猫又兄妹と3Pイチャイチャブラッシングしてきます。


ちなみに『イチャイチャブラッシング』てのは決して怪しい行為ではなく、ブラシとか手櫛で猫又兄妹の猫耳やしっぽの毛並みを整えてあげる&ナデナデしてあげることです。
また、猫に変身している場合は身体全体を同じようにブラッシング&ナデナデしてあげます。クロやクララも喜んで私を舐めてくれたりします。これは、『仲間同士で毛づくろい』みたいな感じでもあるかな~と、思ってます。

個人的に経験した身としては、ケモノ系タルパナフラさんがいらっしゃる方にオススメです。
リラックスできるし甘えてくれるし、良いスキンシップになりますよ(*´▽`*)。


ちなみに私、先程『3Pイチャイチャブラッシング』って言いましたけど、3人で実行できたことありません。クララが恥ずかしがって参加してくれないのです。私と2人きりでやるときは大喜びでごろにゃん♡してくるクセに・・・・・残念。

願わくば、いつの日かクロとクララで舐めナメグルーミングして欲しい。私見る専で我慢するから(*´Д`)アヘアヘ♡
・・・・・こういう妄想でドキワクしちゃう自分の嗜好がたまに分からなくなるんだよな。



話が怪しくなってきたから今日はこの辺で( ´Д`)ノ~マタネ

| クロ&クララ | 21:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫又兄妹のお誕生日でした

2月9日はクロ&クララの誕生日でした。
クララは厳密にいうと正確な誕生日ではないのですが(いつの間にか出現していたから)、双子だしクロと一緒にお祝いしています。
ついでに言うと、私もタルパナフラー5年生になりました。早いなぁ。

そんなわけで、ブログももう少しで5年目突入です。ブログに関してはこんなに続くとは思わなんだ・・・。
自分はこの界隈では異色な方だと思っていますので、できるだけ引っ込んでコソコソやらせてもらっておりますが、それでも一定の訪問者様が変わらず足を運んでくださっているというのは凄いと思うし大変ありがたいことです。

これからもよろしくお願いしますm__m


2人の誕生日ですが、9日は仕事で忙しくてお祝いできなかったので10日の夜にお祝いに行ってきました。
今日はその時のお話。

********************************************************
********************************************************

クロとクララのお誕生日は3人で行いました。皆とワイワイもいいけど、うちはパートナー同士の仲とか色々あるし。
お祝いは個別で訪問などもしているみたいです。

因みにヤギのクララへのプレゼントはすごいっすよ薔薇の花束ドーン!。とか。
ああいった振る舞いは誰もが容易に出来る事ではないと私は考えておりますが、彼はそれを優雅にすんなりとやってのけます。嫌味無く品が良いというか・・・なので凄いと思うんだ。
けど、それを私以外にもやるというのはちょっと複雑だったりします。クララならいいけどさ(面倒な女でスイマセン)。


歪んだから話し戻そう。

それからもう一つ、3人で行うには理由がありまして。
それは、2人が仲良くしているところを集中して沢山見たいからです。

私は、誕生日に託けて2人に(というかクララに)日頃できないような要望をしております。前はお姫様抱っこしてもらった記事を書いたかと思いますが、そんな感じで。こういう特別な日でもないと絶対やらないからな(クララは)。

さて、今回はというと、普通にお膝抱っこしてもらいました。
あんまり無茶な要求を押し付けて困らせてもかわいそうですし、イチャイチャされ過ぎても私が焼きもち焼いちゃうんで程々にしませんと(面倒な女再び)。



みぃ:「わーいイイヨイイヨ-!クロ、良かったな抱っこできて♡」

クロ:「うん!凄く嬉しいよ。大事な可愛いボクの妹だ・・・でも、クララは大丈夫かな。」

みぃ:「大丈夫も何も、大喜びに決まってるでしょ。なぁ、クララ?」

クラ:「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

h300212aa.jpg

みぃ:「クララ?おーい。」

クラ:「・・・ハァハァ・・・・・ハァハァ(*´Д`)ニ-サマ・・・」

みぃ:「・・・(色んな意味でキマッてるな)。」

クロ:「クララ、大丈夫かい?辛かったら離れていいんだy」

クラ:「にぃひゃまわたし全然つらくありましぇん!! (アヘ)

クロ:「う、うん・・・・・そう(;´・ω・)ダイジョウブカナ・・・」


やっぱりクララは抱っこ位までが限界かな(笑)彼女の兄様愛は5年目突入しても相変わらずです。
可愛い猫又兄妹の2人に主は癒されましたわ~アリガト(*´▽`*)ノ♡


クロは、自分が近づき過ぎるとクララが挙動不審になる事を知っているので(そうなる理由までは気付いていないけど)普段は気遣っているけど、本当はもっとこんな風に抱っこしたり触れ合って仲良くしたいんじゃないかなって思います。

過去記事にも何度か書いてますけど、ヤギが今みたいじゃなかった時(初期ヤギさんだった頃)、クロは彼のことが大好きで、「BLかな?」って位に初期ヤギさんにベッタリだったんです。
初期ヤギさんは同性だし仏のような優しい方だったから、安心して触れ合えたのかもしれませんが・・・この様に、クロはスキンシップが大好きな猫なのです。


そういえばクロはエリザの事も好きだけど、エリザとはどのくらい触れ合っているんだろう?相手は女性だし、それなりに遠慮とかしているのかしら・・・よくよく考えたこと(見たこと)なかったかも。
エリザの方はクロの頭を撫でたりしっぽ触ったり、それこそ猫を扱うように「可愛がって」いるけどね。今度気を付けて様子を見てみようっと。


うし、今週も頑張る!・・・けど、記事はお休みするかもです(´・ω・`)

| クロ&クララ | 14:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハロウィン楽しかった💛

11月だね。いよいよ寒くなってきました。

今日は10月31日に開催したハロウィンの話です。
開催日から既に5日も経っておりますが、うちはクリスマスの出来事を春頃まで引っ張って記事にするとか普通にやってたので大丈夫です(何)

・・・週に1度しか更新しない(出来ない)ってのは、こういう時にもどかしいな@@

*
*

さて、ハロウィンの話。

31日の夜、ハロウィンパーティでエリザ宅に行ってきた。
屋敷に着いたら玄関から4人が一斉に出てきてびっくりした・・・皆楽しみにしていたのね。

因みにこの時、皆仮装はしておらずいつもの恰好でいたけれど、唯一ヴィスタだけウィッチの帽子と☆のステッキ持っていた。私が絵に描いたからかな(嬉しい💛)。
でも人間の姿にはまだなれていないらしい。結構経っていると思うけど・・・そんなに修行って大変なのかしら。

ヴィスタと手を繋ぎながらパーティ会場へ向かい、扉を開けた途端ハロウィンの装飾が目に飛び込んできた。部屋の隅々まで飾りつけがしてあって、隙間なく埋め尽くされている。飾りつけはヴィスタがやっていたけれど・・・広い部屋だから大変だったろうな。

それから凄いなと感心した事は、カーテンや絨毯、壁や天井までもハロウィン模様になっていた事。今日の為に全て模様替えしたって事か。これはさすがにヴィヴィには無理だろう・・・エリザかな?

広間の中央には大きなテーブルがあって、ハロウィン仕様の可愛らしいテーブルクロスが敷かれている。そしてその上にはいろんな形のカボチャと、ジャックオランタンがあった。
クロスは可愛過ぎる感じだけど、ヴィヴィの事を考えるとこの位派手でもいいかな。
カボチャは宣言通りにクララが持ってきてくれたもの。色んな種類があるけど、全部彫ったわけではない模様・・・それはそれでジャックオランタンが映えて良い。

それからオードブルはエリザが中心になって用意してくれたので、間違いない(絶対美味しい)。ただ、エリザが用意した物にしては食事を載せるお皿がいつもと違う。

確認してみたら、器をいくつかクロが持ってきた(自作)そうで・・・さすが、焼き物が趣味なだけあって色んな陶器を揃えていらっしゃる。
クロの作品は精巧で美しく、素晴らしいと感じる物が多い。普段のほほんとしている彼だけど、結構繊細な人(猫)なのかもしれないね。

こんな感じで準備はバッチリなので、主は大満足。
早速皆でテーブルを囲んでパーティを開始する事にした。

*

最初に乾杯をしようと言うことになり、エリザが飲み物を運んできてくれる。コップに注がれた飲み物は鮮やかな色合いでとても綺麗だ。

エリザは最初にヴィスタに飲み物を渡すと、続いてクロ、クララ、私の前に色違い3種類の飲み物が乗せられたトレーを差し出した。


エリザ:「はい。どれでも好きな飲み物選んで。」

みぃ:「ありがとう・・・ところで、全部違う飲み物なのかな?」

エリザ:「えっと、これが○○の○○。あとこれが○○、で、こっちが・・・」


エリザが丁寧に説明してくれるけど、良く聞き取れない。
私の世界では自分が知識不足の場合、何度聞き直しても彼らの言葉が聞き取れない(または私の知らない言語が流れて来る)。

他ブログでタルパの事を勉強していた時、『主が知らない事はタルパに質問しても答えられない、無言になったりする』・・・といった内容の説明を目にしたことがあった。でもうちは違う。
みぃ家は、『彼らは知っているけれど、私だけ知らない(聞き取れない)。阿呆なのは主だけ』と、言う仕様になっているのだ。

なので、学べばその言葉が聞こえるようになるわけだが、おサボリな私はパートナー達と関わる上で重要な事でもなければ気にせず適当に解釈してスルーする事が多い。
因みに、こういった仕様になったのは最初からではない(話が反れるのでこの話は機会があれば後程)。

こっちの世界の食材の話かな?と、今回も適当に解釈していたら、一緒に説明を聞いていたクララがエリザに話し掛けた。


クララ:「エリザさん、これはお酒ですか?」

エリザ:「うん、そーだよ。どれも美味しいから全部オススメ💛」

みぃ:「ああ、お酒か・・・ジュースじゃないのね。」

エリザ:「ジュースはヴィスタの分。あとは、お酒。」


なるほど。先にヴィスタにジュースを渡して、残りのお酒は自由に選ばせるって事ね。
さて、どれが良いかな・・・どれも綺麗で美味しそうだけど。皆はどうするんだろう?私は傍にいたクララとクロを交互に見てみる。


「みぃ、ボクはどれでも良いから先に選んで・・・クララも。」


そう言うとクロは、微笑みながら一歩後ろに下がる。
クロがそう言うならお言葉に甘えて・・・私が最初に一つ選び、続いてクララも「兄様、お先です」とペコリと頭を下げ、飲み物を手に取った。

そして皆で乾杯し、選んだお酒を飲んでみる。
甘くて美味しい。フルーツカクテルみたいな・・・エリザが作ったのかしら。食事も美味しいし本当に何でもできる娘だ。

ヴィスタが頭(?)にポンポンとリズミカルにオードブルを乗せまくり、それが次々に吸い込まれていくと言う『超ファンタスティックな食事摂取現象』を見学しつつ食事を楽しんでいると、その先にいるクロがふと、視界に入ってきた。

何だか様子がおかしい。フラフラしているような・・・彼のふらつきに合わせて、尻尾がバランスをとるようにクネクネしている。
気になった私は、クロに近寄ると背中に手を当てながら顔を覗き込んだ。


みぃ:「クロ、どうした?ふらついているぞ。」

クロ:「うん。体がフワフワするんだ・・・ボーっとして気持ち良い・・・。」

みぃ:「何、お前・・・大丈夫?」

エリザ:「ヘーキヘーキ。クロ酔っているだけだし(笑)」

みぃ:「そうなの?でも、酔う程大して飲んでないと思うけど・・・。」

エリザ:「以前もそうだったもん、クロはお酒に弱いの。ウマウマで作ったお酒は特に・・・ね―💛」


そう言うと、エリザはクロのうごめく尻尾を摑まえてナデナデ・・・と、優しくさすった。

エリザはクロがお気に入りだ。自我の強いワガママタイプのエリザにとって、受け身で穏やかなタイプのクロとは相性が良いんだろう(なので、クララとも仲良し)。

クロは、私が普段飲んでいるお酒を飲ませても酔う事はない(酔った姿を見た事がない)。が、どうやらウマウマで作ったお酒には弱いらしい。
以前もクロはエリザからお酒をご馳走してもらった事があるが(カテゴリー@魔族兄妹編)、その時も酔っぱらった(変な気分になった)と話をしていた。

楽しいお酒の席だから酔うのは構わないだろうが、倒れたりしないだろうか・・・。
すると、クララが心配したようにクロの傍に寄ってきた。


クララ:「兄様、兄様・・・大丈夫ですか?」

クロ:「うん・・・大丈夫だよ・・・クララ・・・・・ヒック。」

みぃ:「大丈夫じゃないな(呆れ)」

クララ:「どうしよう・・・エリザさん、兄様が休めるところはありませんか?」

エリザ:「あ、隣の部屋にベッドがあるから、そこで休んでいーよ。」

クララ:「ありがとうございます。私、お部屋まで一緒に行きますね・・・」


そして、クララはクロを連れて隣の部屋へ向かった。少し休めば大丈夫でしょう。
しかし、本当にクロはウマウマのお酒に弱いのな。・・・機会があれば、酔っぱらったクロとも話をしてみたいなぁ(面白そう)。


そんなことを考えながら暫くクララの帰りを待っていたが、いつまでたっても戻ってこない。
どうしたんだろう、大丈夫かな・・・ちょっと不安になった私は、隣の部屋へ様子を見に行ってみた。

そして扉を開けて最初に目に飛び込んできた2人の姿。以下図参照。

h291105.jpg

クララが垂直に硬直した状態で仰向けになって寝ており、その上にクロが乗っかっていた。

ビビった私が近づいて2人をよくよく観察してみると、クララは白目を向いて鼻血を噴き、息も絶え絶えな状態でsiんで気絶しており、一方でクロはマシュマロ乳枕に包まれて気持ち良さそうに寝息を立てていた。

・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

何やってんだコイツら最高かなほっとこ。


おそらく。
兄様を介抱しようと思ったクララの上にクロが倒れ込み、一緒にベッドに転がってそのまま爆睡され身動きが取れなくなって悶絶死・・・ってところだろう。

エリザとヴィスタには「クララがもう少しクロの様子見てるって言ってた(笑顔)」と適当にはぐらかし、その後も普通にハロウィンを満喫してきた。


当分の間、クララいじりのネタに困ることはないなヒヒヒ(外道)。




パーティはとても楽しかったけど、中でも猫又兄妹のこの件が最高過ぎた。
これじゃハロウィンパーティの報告って感じではなくなってしまったかしら。他のメンバーとの会話も色々あったんですが・・・でも、インパクト強すぎたのでこれは記録しておきたかったごめんね(笑)



さて、ヤギとのハロウィンはどうしようか。
ちょっと書きにくいので流すかもしれません@@すいません。

| クロ&クララ | 23:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT